矢車通り~オリジナル小説~

はてなダイアリーから移行させました。

2012-09-14から1日間の記事一覧

稲妻お雪 参の弐

「物事おまえさんの思う通りに行けば目出度いがな」 善介は溜息をついて、それでも脇差をひきぬいた。 「目出度いのはおまえ達じゃ。この人数にたった二人で歯向かうとな。さいわい此処は寺じゃ。僧もおるし墓も腐るほどあるぞ。安心して冥土へ行きくされ」 …