矢車通り~オリジナル小説~

はてなダイアリーから移行させました。

日記

「よみかく分室」 http://www.araki-shin.com/araki/cgi/yomikaku_oth/知る人ぞ知る、新木伸さんの小説練習場です。再開されているのを見て、つい、参加してきちゃいました。とりあえず、週1で千字課題を上げていきたいと思います。 もちろん、もっと書ける…

ショート・ストーリー・ファイト・クラブ

いよいよ作品が発表されました。 全20作品です。 匿名イベントですので、私の作品がどれかを言うことは出来ませんが、間違いなくあります。4000字ですので、良かったら全部読んでみてください。なかなか面白い作品が揃っています。 投票締め切りは6月…

明日蒲田に行きます。

第十回を迎えた文章系同人誌の祭典「文学フリマ」が5月23日11時から16時の予定で開催されます。場所は東急蒲田駅から徒歩3分のところです。「読み手と書き手の出会いを推進しよう」という主旨の企画に参加しました。 文学フリマ用「本当はこの文章系…

ショート・ストーリー・ファイト・クラブ

小説のイベントです。 お題に沿った作品を書いて、匿名で発表し、読者に投票してもらって、順位を決めることになっています。 匿名という性質上、どんな作品を私が出すかといった話は、いっさい出来ません。ご了承ください。 今回のお題は「天」、字数は40…

「薄黒」を見てきました。

LifeRsさんの公演です。 田原町の出口1で友人と待ち合わせていました。狭い階段を上がりきると、大きな道路の歩道に出ました。小雨模様です。20分ほど待つようなので、待機場所はないかとあたりを見回すと、ちょうどビルの入り口のシャッターが閉まってお…

ついに開幕しました。

「ショート・ストーリー・ファイト・クラブ」の作品が出揃いました。 4000字でお題に沿った話を作り、匿名で発表して読者に投票してもらい順位を決めるイベントです。匿名発表なので、私の作品がどれかを申し上げることは出来ませんが、中にあることは間…

参戦!

「ショート・ストーリー・ファイト・クラブ」が始動しました。 ずっと前に参加していたことがあるのです。4000字でお題に沿った話を作り、匿名で発表して読者に投票してもらい、順位を決めるというイベントです。 何回か参加して、4000字で出来るこ…

検索の才能

テレビを見ていたら、現在、大物ミュージシャンになっている人たちが「最初はえびす橋で歌ってました。あそこで歌えば何万人かに聞いてもらえますから」と話していた。息子が突っ込んできた。 「何万人かは大げさじゃない? せいぜい1万人くらいじゃないの…

宝塚見物

宝塚の舞台を生で観たことがなかった。「ベルサイユのばら」や「JFK」を舞台中継で観たことがあるだけだ。 今まで行かなかったのには、2つの理由がある。 1つは「チケットが取りにくい」と噂されていたこと。 1つは「独特の芝居様式が確立しているので…

仙台旅行

去年もうかがった講座にお邪魔してきました。 荒蝦夷さまの東北芸術工科大学〈東北ルネサンスプロジェクトin仙台〉の「小説家・ライター講座」にお邪魔しました。 ★文体をきたえるテクニック分析 中条省平(ちゅうじょうしょうへい)さま(文芸評論家) で、…

「OKINAWA 1947」を見てきました。

オフィスワンダーランドの紀伊國屋ホールでの公演です。 「人は見た目が9割」の竹内一郎さんが「さいふうめい」というお名前で脚本を書いてらっしゃるところです。 とても、わかりやすい芝居でした。沖縄の文化がふんだんに取り入れられて楽しめます。舞台…

グレンギャリー・グレン ロスを観てきました。

http://www.bungakuza.com/glenross/index.html 7人の男の物語です。男たちの舞台は「不動産の営業」です。日本と違って、売り上げ高に応じた賃金が支払われる歩合制なので、あの手この手で成績を上げようと男たちは鎬を削ります。 ちょっと気弱で流されや…

松山への旅3日目

3日目、快晴である。 ホテルを出たとたん、演者たちが可哀相になった。23日も快晴、25日も快晴、なんでよりによって24日だけ雨だったのだろうか。しかもエピローグのときはかなり強かった。 例によって、ホテルの朝食バイキングでたらふく食べた私た…

松山への旅2日目後半

道後温泉に市電が着く。アーケードのある繁華街と、時計台の横を抜ける道がある。Kは迷わず「裏」と言っていた時計台の横のほうへ進んだ。途中で丸坊主の頭まで真っ白にした黒い衣装の女性が歩いていた。ビニール傘を差し、爪先立ってキョロキョロしながら…

松山への旅2日目前半

2日目。 ホテルのバイキングで朝食を摂る。食べ放題に浮かれて、たくさんかきこんだ。 今日のメインは「人力飛行機ソロモン」の搭乗である。午前11時〜午後1時に松山市役所広場で搭乗引換券を提示し、地図とお面を入手することになっている。早く行って…

松山への旅1日目

2008年11月23日〜25日「人力飛行機ソロモン 松山編」 松山で寺山修司をやる。 その情報が入ったのは、8月はじめのことだった。市全体が劇場になる、まさに日常の隣にある演劇。観客と役者が同じ場所に立ち、日常的な言葉を交わし、何か劇的なこと…

松山に行きます。

11月24日(月)に上演される芝居を観に行きます。 http://www.banyu-inryoku.net/main/main.htm 「人力飛行機ソロモン」松山編です。 芝居は元々生ものですし、この芝居は行く先々で出演者を募っている、まさしく、その日限りの芝居となります。 オラン…

ベッドマンスリーパー

http://www.karibaka.com/ 場所は「アイピット目白」。目白駅から徒歩7分のところです。目白駅を降り、目の前の大きな道路を左に向かい、ローソンを過ぎ、第一勧銀の建物の角を曲がると、路地の奥にぽーっと光る場所があります。近づいてみると、そこが劇場…

大谷マサヒロさんがアルファポリスさまで作品を公開されました。

解説 アルファポリスさまは読者が読みたいものを市場に出したいというコンセプトで始められた出版社さまです。 詳しくは「ドリームブッククラブ設立趣旨」をごらんください。 アルファポリスさまの「目指せ出版化!ドリームブッククラブ」のシステムはこうな…

チャレンジカップ開催です。

琥珀色の南風さんで、琥珀さん主催の第6回チャレンジカップが開催されます。 参加者18名が、4000字程度の作品を書き、投票によって優勝者を決めるというイベントです。 今回も「匿名」になるみたいです。 テーマは「光」。 詳しくは琥珀さんのサイトへど…

アレクサンダーテクニーク

Alexander-tech Studio Tokyoさまのワークショップに行ってきました。 午前9時30分〜午後12時30分までと午後1時30分から4時30分までです。 午前中は「アレクサンダーテクニーク」とはいかなるものか、その歴史と原理を学びました。 まずは、歩…

仙台に行ってきました2

ども。 旅の目的は「小説家・ライター講座」に参加することでした。 が。 旅のお楽しみは、仙台にお住まいのお友達にお会いすることです。 仙台駅までお迎えに来てくださるとおっしゃるので、お昼くらいに着く新幹線に乗って行き、ランチをご一緒しました。…

仙台に行ってきました。

ども。おひさです。 荒蝦夷さまの東北芸術工科大学〈東北ルネサンスプロジェクトin仙台〉の「小説家・ライター講座」にお邪魔しました。 ★19世紀文学と現代小説の相違 中条省平(ちゅうじょうしょうへい)さま(文芸評論家) で、あります。 『小説家になる…

チャレンジカップ結果発表!

琥珀さんのサイトで開催されておりましたチャレンジカップ、とうとう結果が発表されました。 私の作品は「絆」で、得票数は4票です。入れてくださった方々、ありがとうございました。 また、たくさんの感想をお寄せくださり、ありがとうございました。 なか…

チャレンジカップ開催です。

琥珀色の南風さんで、琥珀さん主催の第5回チャレンジカップが始まりました。 参加者16名が、4000字程度の作品を書き、投票によって優勝者を決めるというイベントです。 今回は「匿名」ですので、自作がどれだかは申しませんが、出してますっ! 森羅万象さ…

買いあさり

行ってきました! 文学フリマ! 同人誌の即売会です。 なんと、マンガパロディ全盛のこのご時勢に、オリジナル小説ばかりが集っていました。 事前にサイトで「面白そうなサークル」を見つけてあったのですが、当日会場をうろうろしていたら、どこだかわから…

チャレンジカップ開催です。

琥珀色の南風さんで、琥珀さん主催の第5回チャレンジカップが開催されます。 参加者15名が、4000字程度の作品を書き、投票によって優勝者を決めるというイベントです。 今回は「匿名」になるみたいです。 詳しくは琥珀さんのサイトへどうぞ。 あ、それか…

「投稿サイトに自分の作品を出す」(その4)

3)小説のウリがどこか書く(その作品のどこが読者の心捉えると思っているのか書いておいてもらえれば、うまくいっているか、はずしているかくらいの見当は書ける……かもしれない) 「ウリ」を書く。ネットでそれをやったら、どれほど厳しいことになるかは、…

投稿サイトに自分の作品を出す(その3)

2)どんなジャンルの本を読んできたのか書く(案外、ジャンル別のお約束があるので、自分の読書傾向とかけ離れていたら遠慮する) ジャンルというのは、読者の便利のためにあるわけです。 本を読む人は、ヒマだから読むわけじゃないんですね。そこに何かし…

「投稿サイトに自分の作品を出す」(その2)

閑話休題。 「作家でごはん!」さんという大手サイトがあります。小説で飯を食おうと志している人達が集まるサイトです。そこに「鍛練場」があります。自分の作品を投稿して、他の方の感想を募る場所です。 「鍛練場」に集まる作者さんたちと作品は「素人作…